人気ブログランキング | 話題のタグを見る

mikako-blog

想いと結果が比例しない不条理

今日、『相棒』の再放送を観ていたら、こんなシチュエーションが描かれていました↓

女子大生の就活がテーマだったんですけどね。

第一志望の企業から内定を頂いているにも関わらず、入社する気のない別企業も受け、結果的に合格したA子。
一方でA子が冷やかし(!?)で受けた企業が第一志望のB子は、残念ながら不採用となります。
B子は「入社する気もないのに受けないでほしかった」「貴女が受かったぶん採用枠が減り私が落とされたのかもしれない」と食ってかかります。

↑……うーん、これ難しいですよね。

確かに自分がB子の立場だったら、自分はその企業が第一志望なのだから、入社する気がない人には受けるのを遠慮して頂きたいでしょう、採用枠には限りがあるでしょうし。

でも、入社する気がない人が応募し倍率が上がろうとも、自分自身に実力があれば採用されたはず……という考え方も出来ますよね。

就活や仕事として考えると、B子が甘いってことになりますが、恋愛になると話は別かと。

例を挙げましょう、例というか日本全国で起きていることだと思うのですが……w

妻子持ちの既婚男性タロウは、結婚しても恋愛がしたい性分で、独身女性のハナコと婚外恋愛をしていました。
婚活に励むジロウは、タロウのような欲張り既婚男性たちが、世の独身女性たちにちょっかいを出すため、俺のように本気で婚活したい者に良縁が巡ってこないのだと苦々しく思っていました。

↑……もちろん、就活や仕事と同様に、ジロウの考え方が甘いとも言えます。

ジロウ自身に魅力があれば結婚前提でお付き合い出来る恋人に巡り会えているはずですから。

でもきっと、婚活中の人にとっては、既婚で未婚者と婚外恋愛している人々の存在は、「俺が喉から手が出るほどしたい結婚が出来ているのだから、贅沢言わず家庭に専念しろやコラァ!」って言いたいのでしょうね。

タロウとジロウにせよ、A子とB子にせよ、モヤモヤするのはジロウ側・B子側だけで、タロウ当人・A子当人は1ミリもモヤモヤしていないのでしょうね……。

自分で問題提起しておきながら、答えの出しづらいテーマですw

ハッキリしていることは、B子やジロウのように熱い想いがあったとしても、必ずしも結果に結びつくとは限らず……。

逆から言うとA子やタロウのように本気度ゼロでも結果に結びつくこともあるわけで……。

いやはや、人生とは不条理なものです……。

【次回の占い鑑定・カウンセリング予定】
1/20(木)09:00~13:00・17:00~20:00


人気占い師ならエキサイト


菊池美佳子

by nishimirumae | 2022-01-19 20:23
<< 掃除で開運! 復縁強化期間は如何ですか!? >>